horoscope:Aries
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:おひつじ座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

命をねらわれた兄弟、フリクソスとヘラを助けて大空を駆けた金色の羊。

テッサリアの王であるアタマスと、雲の精のネフェレーの間に、フリクソスとヘレという男の子と女の子が生まれた。しかし、まもなくネフェーレは国を追われる身となり、アタマスは新しく、イノーという娘を妻として選んだ。しかしイノーは、まま子である兄弟を邪魔者扱いし、その生命さえも奪おうとする。それを知った生みの母ネフェーレは、全能のゼウスに助けを求めた。そこでゼウスは金色に輝く空を飛ぶ羊を、兄弟のもとへ送った。イノーの手から逃げる兄弟。しかし、はるか眼下に目をやったヘレは、目まいを起こし落下してしまう。悲しむ兄を勇気づけながら、金色の羊は空を駆けた。

horoscope:Taurus
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:おうし座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

牝牛に身を変え、愛するエウロパを乗せて紺碧のエーゲ海を渡った全能ゼウス。

全能の神ゼウスが、ある日オリンポスの丘の上から、春の光を受けて金色に輝く地中海をながめていたとき、じっと海を見つめているひとりの美少女に気がついた。少女はポイニキア王のひとり娘エウロパ。少女にひと目ぼれしてしまつたゼウスは、妃ヘーラの目を盗むために、まっ白く透きとおるような角をもつ、美しい牝牛に変身してエウロパに近づいていく。エウロパは、きれいな小花を差し出して牛の背にまたがった。すると牝牛は彼女を乗せたまま、エーゲ海を泳ぎ渡りクレタ島へ。そして、そこでゼウスはもとの姿に戻って、エウロパに愛を授けた。

horoscope:Gemini
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:ふたご座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

全能の神ゼウスとスパルタの王妃レダの間に生まれた兄弟、
カストルとボルックス。

けん闘の名手であったカストルと馬術の達人ボルックスは、戦いのたびにふたりで力を合わせ敵を打ち負かしていったので、その勇名は遠くとどろき渡っていた。ふたりの行くところは嵐さえも鎮まってしまうといわれるほど。しかし、義兄イダスは、このふたごの兄弟を心よく思わず、カストルは、そのイダスと戦って悲運にも命を落としてしまった。分身を失ったボルックスは、怒りをみなぎらせてカストルの仇討ちを挑み、思いを果たすが、悲しいかな、ボルックスは不死身のため、カストルの後を追って命を絶つことができなかったのである。父ゼウスはその苦しみを理解し、ふたりの兄弟愛を長く世に残すべく、星座につらねたという。

horoscope:Cancer
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:かに座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社 
        国立国会図書館に蔵書あり

女神ヘーラに味方して、英雄ヘラクレスに命がけで挑戦し、敗れさった大がに。

世界で一番強いと言い放つ、英雄ヘラクレス。彼が12の難題のひとつ〝怪物ヒドラ退治〟を決行していたとき、ヒドラと同じアミモーネの沼地に住んでいた大がには、女神ヘーラの憎むヘラクレスをなんとか倒そうとする。大きなハサミを振り上げて、必死にヘラクレスの足を切り落とそうとした大がには、しかし、ヘラクレスの相手ではなかった。ひとたまりもなくヘラクレスに、無惨にも踏みつぶされてしまう。その悲しい知らせを受けた女神ヘーラは、空にかかげて残したと伝えられている。

horoscope:Leo
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:しし座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

英雄ヘラクレスに倒されが、その華々しい勇姿をとどめた、ネメアの森の荒獅子。

ゼウスの妃ヘーラが英雄ヘラクレスに与えた12の難題。その最初の難題が、人食い獅子退治だった。ネメアの森に住む魔性の怪物ライオンは、不死身とまでいわれて、人々に恐れられていた。しかし、ヘラクレスは敢然とネメアも森へ向かい、挑戦する。するどいキバをむき出し、猛然とヘラクレスをむかえ撃つ荒獅子。激しい死闘のすえ、ヘラクレスはついに、この獅子を撃ち止めたのである。勝利を手にしたヘラクレスは、その戦利品として獅子の皮をはぎ、一生その身にまとったといわれた。荒獅子はその雄雄しい姿を、天空にとどめて、今なお輝いている。

horoscope:Virgo
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:おとめ座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

冥界の王プルトーの悪略をにくみ、自ら天の星となった潔癖な少女ペルセフォネ。

全能の神ゼウスと農業の神デメーテールとの間に生まれたのが、汚れなき少女ペルセフォネ。その彼女の清らかさに心を奪われたのは、冥界の王プルトーだった。プルトーは母のデメーテールに、ペルセフォネを妃としてむかえたいと申し入れるが断られる。しかし執拗なプルトーのこと、彼女を見つけ出して冥界へと連れ去っていってしまう。悲嘆にくれるデメーテールの気持ちをよそに、悪知恵の発達したプルトーは、冥界にある甘い実をペルセフォネに食べさせ、地上の人間に戻れないようにしてしまった。その計略を知ったペルセフォネは、その悪を憎み、自ら天の星となってしまったのだ。

horoscope:Libra
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:てんびん座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社 
        国立国会図書館に蔵書あり

人間たちの善悪を公平にはかる
正義の女神アストレーアが持っていたてんびんばかり。

人間たちが狩りをし、木の実を食べながら平和に暮らしていたころ、正義の女神アストレーアは、てんびんばかりを使って、人間たちの善と悪を公正に判断する役目を果たしていた。しかし、人間の世界が進歩するにつれ、人々は欲望と悪にとりつかれて、アストレーアのはかりは、悪の方へ傾きっぱなしになってしまった。他の神々は、人間世界の堕落ぶりになすすべもなく、天界に帰ってしまうが、なんとか昔のように正義が守られていた時代をよみがえらそうと人々を説得する。しかし争いはエスカレートするばかり。アストレーアも、ついにあきらめ、てんびんばかりを抱えて天に帰ってしまったのだ。

horoscope:Scorpio
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:さそり座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

粗野なふるまいのかぎりを尽くすオリオンを、
一撃で倒してしまった小さな毒さそり。

オリオンは、海の神ポセイドンと、アマゾンの女王エウリアレの間に生まれ、その目鼻立ちのととのった美しさと、力の強さにおいては、彼の右に出るものはいなかった。しかし、オリオンには心の優しさが欠けていたので粗野なふるまいの数々を起こしていた。オリンポスの神々はこのあまりの乱暴さに腹を立て、できるだけ小さな動物でオリオンを苦しめ、彼の鼻をあかそうと考える。そこで、全能の神ゼウスの妃ヘーラが選んだのは1匹の毒さそりだった。さそりは、オリオンのすきをついて彼のカカトを刺し、殺してしまう。神々からその功績を認められた毒さそりは、天に昇っていったのである。

horoscope:Sagittarius
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:いて座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

思索心と行動力を兼ね備え、
賢者として人々から尊敬された、半身半馬のキロン。

宇宙をつかさどっていたクロノスと妖精との間に生まれたのが、上半身が人間、下半身が馬の半身半馬の怪人ケンタウロス族キロン。キロンは音楽の髪アポロンと、月の女神アルテミスから、音楽、医術、予言、そして狩りり名手としての才能を授かっていたので、野蛮なケンタウロス族の中にあっては、みなから尊敬され、一目置かれる存在だった。ところが、ある日ヘラクレスの放った毒矢が誤ってキロンの膝を射ってしまい、その毒のために命を失ってしまった。全能の神ゼウスはキロンの死を大変に惜しみ、天空に飾ったと伝えられている。

horoscope:Capricorn
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:やぎ座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

怪物に襲われ、下半身のみ魚に変身、
上半身がやぎの姿をとどめた牧神バアン。

牧神バアンは、やぎの耳とやぎの足を持ち、顔中ヒゲにおおわれていた。ある日、ナイル川の岸辺で神々が集まって楽しく酒宴を開いていたときのこと。楽しそうな宴に嫉妬したのか、突然、ティフォンという恐ろしい怪物が現れて、神々に襲いかかった。みな大あわてで、それぞれ、いろいろな動物に変身して逃げまどったが、そのとき、牧神バアンはとっさに川の中に飛びこんだ。たぶん、魚に姿を変えて逃げようと思ったのだろう。ところが、その川は底が浅く、水につかった下半身は魚に、上半身はやぎの姿のままとなってしまった。牧神バアンが天に昇って、輝くのがやぎ座なのである。

horoscope:Aquarius
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:みずがめ座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

全能の神ゼウスにこよなく愛されていた、たぐいまれな美少年ガニメーデ。

オリンポスの山々で開かれる神々の酒宴には、いつもヘーペという娘が、神酒をそそぐ役目を果たしていた。ところが、ある日ヘーペは都合で酒宴に出席できなくなってしまう。そこで、トローヤ国にいる美少年ガニメーデの噂を耳にした全能の神ゼウスは、少年に合ってみようと思い、大ワシを使者として送った。ゼウスの命を受けて、大ワシは山上で羊の番をしているガニメーデ少年を見つけると、彼の体をつかんでゼウスのもとに舞い戻っていった。ひと目で気に入ったゼウスは、それから、宮殿の酒宴にはいつも、少年を近くにひかえさせていた。みずがめ座のシンボルは、ガニメーデが地上に水をそそぐ場面だといわれる。

horoscope:Pisces
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:うお座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

離れ離れにならぬよう、
それぞれの尾をリボンで結んだアフロディティとその子エロス。

美の神アフロディティと、愛らしいその子エロスは、ある日、ゆるやかに流れるユーフラテス川の岸辺を散歩していた。ところが、そのきらめく水面の静けさを破るがごとく、突然、ティフォンという首が100もあって、目と口から火をふきだす怪物がふたりを襲ったのである。その怪物にびっくりしたアフロディティとエロスは、ユーフラテス川に飛び込み、魚に変身して、逃げる途中で離れ離れにならないよう、互いの尾をしっかりとリボンで結んで逃げたという。この2匹の魚は、1匹は精神を、もう1匹は肉体を表しているといわれる。

oorequiemoo:

Mermaid with waterlilies
french postcard, ca 1900

oorequiemoo:

Mermaid with waterlilies

french postcard, ca 1900

(inkfromtheoctopusから)

Tags: mermaid

fairytalemood:

"The Little Mermaid" by Sheilah Beckett

fairytalemood:

"The Little Mermaid" by Sheilah Beckett